FXは誰でも稼ぐことができる。 その可能性を誰でも秘めています。 このサイトで、あなたの可能性を開花させてください。

FXプラス.jp~初心者トレーダーをサポートするサイト~

相場予想の制度を高めるためには

相場予想の制度を高めるためには

テクニカル指標は、いくつか指標を組み合わせて

利用する必要があります。

組み合わせ方法が重要です。


指標を大きく分けると、方向性を探るトレンド系

過熱感を測るオシレーター系に分けられます。

この2つを組み合わせる方法がありますが、

オシレーター指標は、強いトレンドが続くと

間違ったシグナルが出る場合があるので欠点です。

また、組み合わせトレンド系指標との間に、矛盾も生まれて

しまうこともあります。



オシレーター系要素が強いものや、トレンド面も考慮された

MACDや、ボリンジャーバンドなど、トレンドラインを

指標として組み合わせるのが望ましいといえます。


複数の分析法で、多面的に判断する一目均衡表と

トレンドの強さがわかるDMIを、組み合わせた

いい組み合わせです。

両者ともトレンド系ではありませんが、複数の分析法の

組み合わせで成り立っています。


この2つを組み合わせることで、より多面的に相場を

見ることができます。



テクニカル指標は100%充てることはできません。

自分の判断が正しいかどうか、示してくれるのが

テクニカル指標です。

判断基準となる材料が多すぎると、迷いが出てしまい、

少なすぎてもいい判断ができません。


自分の相性のいい組み合わせを考え、的確な判断

できる指標を組み合わせていくことが大切といえるでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional