FXは誰でも稼ぐことができる。 その可能性を誰でも秘めています。 このサイトで、あなたの可能性を開花させてください。

FXプラス.jp~初心者トレーダーをサポートするサイト~

取引記録の必要性

取引記録の必要性

FXでやり取りした内容は、取引記録として

記録しておいた方がいい場合があります。

内容としては、「いつ、何を注文して、どれだけの損益だったか」

といった内容を、こまめに日、月ごとに記録しておきます。

そうするだけで、どれだけの損益がでたのか、後でしっかりわかるので、

確定申告のときの税金対策になるのです。


また、しっかり目に見える形に残すことで、自分の分析にもなり、

FX取引の勉強にもなります。

書き方としては、手書きでもパソコン入力でもOKです。

必要な項目が、しっかり記入されていれば、後でまとめるときに便利です。

そして、取引で損をしたときは、節税のチャンスとなるので、

損をしたら、落ち込んで取引記録を残し忘れないでください。


損をすると、資金が大きく減少するのですが、すごくメリットがあるのです。

FX取引は、利益や損失を合算できます。

その中でも、口座を複数開設している方、有価証券等にも投資している方は、

損益通算できるというメリットがあります。

損益通算は、給料や株の取引とは合算できないので、そこは注意しましょう。

また、損益は、翌年度も繰り越しが可能です。

最大3年間も十分取り返せます。

少しでも損が出たら、申告して翌年に備えることをお勧めします。



a:35 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional