FXは誰でも稼ぐことができる。 超庶民だって、勝ち上がれる。 諦められない夢をかなえるためのお手伝いをさせてください。

FXプラス.jp~超庶民が勝ち上がるためのサポートサイト~

コンセプト

超庶民だって勝ち上がれる

今現在、自分自身の置かれる現状

納得のいっていない方が多いと思います。

色んな所で我慢を重ね、

たまにの自分のご褒美さえも

一番欲しいものでないものを選ぶ。

私自身、そんな生活をしていました。

数年に一度の車の買い替え時にも、

本当に欲しい車がありながらも

最終的には、安くて好みの車で落ち着く

ベンツのGLクラスに乗りたい、

もっと良い部屋に住みたい。

旅行先でお金のことを気にせず楽しめたら・・・。

全く我慢しない生活も良くはないのかもしれませんが、

我慢だらけの人生なんて楽しくない

少なくとも私は楽しめていませんでした。

自由な時間、自由なお金を増やして、

心の底から笑える瞬間をもっと作っていきたい。

作らなきゃ、自分は何のために生まれてきたのか

とさえも思っていました。

あなたも私と同じ気持ちに少しでも共感できるなら、

一緒に納得できる現在を手に入れていきませんか。

私は本気でサポートします。

動画を配信して終わり、

メールを送って終わりではありません。

あなたの疑問、立ちはだかる壁に真剣に向き合い

あなたと一緒に解決していきます。


私がお伝えすることは、FX全般になりますが、

最終的にお伝えしたいのは、

スイングトレードです。

ご存知ない方もいらっしゃるかと思いますので、

ちょっとだけ深堀してお伝えします。

スイングトレードとは、

エントリーしてから1日以上保持し、

翌日以降、数日から数週間ほど後に決済を行うトレードです。

何故それを推奨するのか。

それは、短期的なトレードと違い、

エントリー回数が少なくなります。

エントリーが少ないということは、

ミストレードも減らすことが出来る。

エントリー後は、最初は誰でも不安になります。

「上がってくれー」

「あ、下がった、やばい。」

こんな感じで、買っては決済、売っては決済、

いわゆる、ポチポチ病で、

少しずつのマイナスが、気付けば大きな損になる

というものです。

エントリー回数を減らして、

まずは、この病気を防ぎます

そして、相場の流れが変わりにくいので

1回のトレードで大きな利幅をとることが出来る。

相場の流れを川の流れに例えるなら、

短期トレードは、川の上流のように流れが激しい

それに比べて、スイングトレードのような

中長期的トレードは、川の下流のように

流れが緩やかになります。

初心者やFXに苦手意識のある方でも、

相場の流れを捉えやすいのがこの手法です。

また、頻繁にチャートを覗かなくてもいい

つまりは、仕事で忙しく、チャートを見れなくても

あわてる必要はないということです。

なぜなら、相場の流れが穏やかで、

流れの方向性が変わりにくいからです。

もちろん、短期トレードで上手くさばけた方が、

大きく稼げるのは間違いありません。

でも、スイングトレードの方が簡単なんです。

イメージしてください。

仮に、あなたがFXだけで

生計を立てられるようになったとします。

その後の生活も、ゆったり過ごせた方が良くないですか?

だから、私はスイングトレーを続けているんです。


ここで、イメージしていただけ安いように、

一例を挙げてみます。

私が、福岡空港から海外に出発するときのことです。

出発待ちでコーヒーを飲みながら座っていました。

その時に、相場を確認し買いでエントリー

その後、約6時間後に目的地に到着。

再び、相場を確認した時に約150PIPSの利益が発生していました。

これは、1万円でトレードしていたら、

1万5千円くらいの利益ということです。

10万円でのトレードなら15万円ということですね。

このように、相場の流れを判断し、

しばらく、ほったらかして利益を得る

最初は不安になるでしょうが、

私が、その技術をお伝えし、

あなたの学習と実践によって成し得られます

この方法で、徐々に現状は変わっていくはずです。

短期的にすぐに稼げるものではないですが、

あなたの人生レベルで考えてみてください。

まずはお小遣い程度でもいいじゃないですか。

そのお小遣いでさえ、人生レベルで見れば

何百万、何千万になるんです。

すぐに稼げるものを手に入れるのではなく、

ずっと稼ぎ続けられる技術を手に入れませんか

a:826 t:2 y:0

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional