FXは誰でも稼ぐことができる。 超庶民だって、勝ち上がれる。 諦められない夢をかなえるためのお手伝いをさせてください。

FXプラス.jp~超庶民が勝ち上がるためのサポートサイト~

ファンダメンタルとテクニカル

ファンダメンタルとテクニカル

相場を予想するうえで、

大きく分けて2つの分析方法がありますよね。

1つは、ファンダメンタル。

ニュースやその他情報から流れを読むもの。

もう1つはテクニカル。

チャートの動きから相場を予測するもの。


私個人の意見としては、

基本的にテクニカル分析だけで充分かなと思っています。

特に、短期的なトレードでは、

テクニカルの方が間違いないですよね。

理由としては、

世の中の流れが、ドル安に動いているとしても、

一時的な反発はありますよね。

時間単位の反発もあれば、

分単位の反発もあります。

それを全てファンダメンタルで拾っていくのは、

不可能ではないかもしれませんが、

かなり難しいことですよね。


あなたがトレードするその時間の枠の中で、

チャートが”上昇”といっているのか、

”下落”といっているのかを拾えさえすれば、

ファンダメンタルは、あまり気にする必要はなくなります。


但し、大きな動きが起きるタイミング。

経済指標などは、気にしておかなければなりません。

なぜなら、テクニカルでトレードするうえで、

そういった突発的なものは、リスクになるからです。

ファンダメンタルは、基本的には

気にしなくてもいいと思いますが、

世の中の大きな流れには、耳を傾けておきましょう。

世の中の大きな流れと言うのは、

市場心理です。

大多数の人が下落だと思っていたら、

やはり下落するということです。

買う金額より、売る金額の方が勝れば、

価格は下がるわけです。

このことを考えながら、

今のトレンドの波に乗っていきましょう。




a:109 t:1 y:0

コメント


認証コード2728

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional