FXは誰でも稼ぐことができる。 その可能性を誰でも秘めています。 このサイトで、あなたの可能性を開花させてください。

FXプラス.jp~何をやっても利益を得られない人のためのサイト~

注文の種類

覚えておきたい注文の種類

IFD注文

IFD、イフダン注文を覚えることで、半自動的に取引ができます。

例えば、「もし、1ドル100円になったら買い」という注文が成立した場合、

リスク回避のため「1ドル99円になったら売る」という注文をしておく。

または、「もし、1ドル100円になったら買い」という注文が成立した場合、

「1ドル101円になった時点で、利益を確定する、売る」という設定ができます。

OCO注文

画像の説明

OCO、オーシーオー注文。ワン キャンセル ジ アザー オーダーの略です。

これは、取引中の状態で行う注文です。

例えば、1ドル100円で買った場合、

「101に上がった時点で利益を確定する」という指値注文と、

「99円に下がった時点で損切りする」という逆指値を同時に行うことができます。

この時、どちらかの指値が成立した時点で、もう一方がキャンセルされるという注文です。

IFO注文

画像の説明

IFO、アイエフオー注文。IFDとOCOの組み合わせで、少し複雑に感じるかもしれません。

具体的には、「もし、1ドル100円になったら買い」。

この注文が成立した場合、

「101に上がった時点で利益を確定する」という指値注文と、

「99円に下がった時点で損切りする」という逆指値を行うことができます。

合計3つの指値をする注文方法です。

トレール注文

上記の注文とは少し違ったもので、上昇トレンドを追跡するのに有効です。

具体的には、

1ドル100円で買ったときに、

「1円下がったら売り」という、リスク回避の注文を入れたとします。

その後、1ドル103円まで上昇した後、1ドル102円に下がったとき、

注文が確定されます。

つまり、トレンドを追いかけ、上昇したところから、1円下がったら売るという

追跡型の注文になります。

このように、たくさんの注文方法で、取引することができますので、

注文方法を理解したうえで、安全な取引を心がけましょう。

ここまでをこなせれば、FXの取引は一通りできます。

しっかり、学習して、チャートからの予測ができるように、

くれぐれも慎重に取り組んでください。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional