FXは誰でも稼ぐことができる。 その可能性を誰でも秘めています。 このサイトで、あなたの可能性を開花させてください。

FXプラス.jp~初心者トレーダーをサポートするサイト~

オシレーター系チャートとは

オシレーター系チャートとは

テクニカル分析は大きく分けると2つ存在します。

トレンド系チャートとオシレーター系チャートです。

トレンド系チャートは全体的な流れを読む際に利用します。
そして中長期的な予想に使われます


オシレーター系は変化の大きさを見ます。
こちらは、短期的な予想に使われます。

どちらがいいとかの区別はなく
両者を使い分けて取引を行います。

オシレーターは、ある一定範囲を
振り子のように動くためその名前が付きました。

そして、一定期間のレートを見て現在のレートの相場の
判断材料に利用します。

為替取引のタイミングを、予測する際に非常に役立ちます。

その中で、もっともメジャーなものはRSIです。

過去のレートを基準として現在のレートは
買われすぎ売られすぎを判断します。



売られすぎならそろそろ上がると判断でき、
買われすぎならそろそろ下がると判断できます。
逆張り投資には有効な判断材料になります。


そのほかにも「RSI」「ストキャスティクス
「ボリンジャーバンド」「MACD」などが
代表的な種類にあげられます。

それぞれ特徴が違いますので
いろいろ検討してみるといいでしょう。




a:31 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional