FXは誰でも稼ぐことができる。 その可能性を誰でも秘めています。 このサイトで、あなたの可能性を開花させてください。

FXプラス.jp~何をやっても利益を得られない人のためのサイト~

取引方法2

トレード期間によって変わる、トレード方法

トレード期間、長期、中期、短期で、トレードの考えかた、

スタイルが全く変わってくる。

まずは、長期型のトレード。

これは、1年以上に渡るトレードとして考えていただきたいのですが、

FXで取引するときに、トレンドなど考えて予測して売買をしますよね?

ところが、1年もさきのこととなると、予測ができません。

何かが起こるかわからない。


例えば、ドルが上昇トレンドだったから買ったとして、

1年後の相場は分からない。

1ドル100円で買って、その後上がり続けて。110円に到達したとしても、

1年後は80円に下がっている可能性もある。


ですが、そこで売ってしまうわけではなく、1年半後に100円を上回ったとしたら、

その時に、完了してもいいですし、引き継続き持っていてもいい。

基本的には、スワップを取りに行く考え方が主流の取引。

ポイントは、ロスカットされないように、レバレッジを低く設定しておく必要があるというところ。

ロスカットされては、そこで取引終了。

スワップポイントどころではなくなってしまうわけです。

中期的な取引

これは、1ヶ月程度先を予測して判断する戦略。

この先、1ヶ月でどんなイベントがあるか、チャートの流れがどうなっているかで、

ある程度の予測をすることで、取引をする。

FX参加者たちが、どんなニュースやイベントを重視しているかを考える。

そして、テクニカル分析から読んだ結果、この2つの考え方がマッチしたなら、

その判断で取引をすすめるという流れ。

最後に、短期的取引

デイトレードのことです。

ここでは、大きなイベントによる変化を追うと、利益を得やすい。


経済指標などで、大きく為替が動くところをスナイプして取引を行う。

最初のうちは、この1点に集中する方が、利益も出しやすく、面白みがあると思います。

経験していく中で、色々なトレードをしてみて、

知識と判断基準を貯めていきましょう。

a:268 t:1 y:0

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional