FXは誰でも稼ぐことができる。 その可能性を誰でも秘めています。 このサイトで、あなたの可能性を開花させてください。

FXプラス.jp~初心者トレーダーをサポートするサイト~

三角保ち合いとは

三角保ち合いとは

三角保ち合いとは、いつまでたっても、高値と安値

更新されない相場のことを言います。

株価が上下に動く幅が徐々に狭まり、上値の点を結んだ

直線と、下値の点を結んだ直線とが交わってできる

チャートのことです。

一般的な相場は上が抑えられ下方向へ、

下が支えられることで上方向へ動きます。

三角保ち合いは、どちらにも動きにくくなっている場合

のことです。


出現ポイントは、市場参加者がレートの動きの予測が

困難で迷っているときに現れます。

そして、上下のトレンドラインの中に完全に収まった状態で

多くの参加者が、身動きが取れず悩んでいる状態にあります。

とはいっても、上下のトレンドラインは、幅が狭くなって

いていつかブレイクすると読めます。

三角保ち合いがブレイクすると、それまで悩んでいた

参加者が集中して取引を開始するので相場に一気に

動きが出ます。

三角保ち合いは相場を一気に大きく動かすので

重要な指標です。

三角保ち合いには
①ペナント型②下降三角形③上昇三角形の3つのパターン

があります。

①のペナント型は高値のラインが下降し、底値のラインが

上昇してできます。

上昇と下落についての確率は半々です。

②の下降三角形は、左下が直角となっていて高値が少しずつ

下落する下降トレンドです。
上がる可能性が考えらます。

③の上昇三角形は、左上の角が直角となっています。

水平な線で描かれていて一般的に上がる確率が高いと

されています。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional