FXは誰でも稼ぐことができる。 その可能性を誰でも秘めています。 このサイトで、あなたの可能性を開花させてください。

FXプラス.jp~何をやっても利益を得られない人のためのサイト~

ロスカット

ロスカット(損切り)とは

ロスカットとは、含み損、つまり、発注しているオーダーが、

大きくマイナスになったときに行われる措置です。

FXでは、レバレッジを大きくして、大きく稼げる半面、

大きな損をする危険性もあります。

そうすると、証拠金がなくなるだけでなく、
不足筋が発生する可能性もでてきます。

その危険を防ぐために、ロスカットが行われ、
証拠金以上の赤字を増やさないように
設けられているシステムです。

ロスカットは、ロスカットレベル、
必要証拠金維持率を下回ったときに発動します。

現在持っているポジションを決済した場合に、
その損失を、証拠金から差し引いた額が、
ロスカットレベルを下回った場合に起こります。

証拠金 - 決済時の損失 > 証拠金維持率

ロスカットレベルは、取引会社によって異なりますが、
およそ、20%~30%です。

仮に30%とした場合、証拠金が10万円なら、
含み損が証拠金7万円に相当する金額に達した時点で、
ロスカット決済されます。

ロスカットされる可能性が出てきた際には、

「証拠金を追加しないとロスカットされますよ」という警告、

「マージンコール」がメールで送られます。

画像の説明

マージンコールから、ロスカットに至るまでに、
急激な為替変動で大逆転というのは、
かなり難しいことです。

ですので、マージンコールが送られるようなことに
ならないように、常に、リスク回避の
ストップロス注文をしておくことが肝心です。


画像の説明




a:67 t:1 y:0

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional