FXは誰でも稼ぐことができる。 その可能性を誰でも秘めています。 このサイトで、あなたの可能性を開花させてください。

FXプラス.jp~何をやっても利益を得られない人のためのサイト~

スローストキャスティクス

スローストキャスティクス

ストキャスティクス「%K」と「%D」、

「Slow%D」の3つのラインを利用します。

そしてスローストキャスティクスは、

「%D」と「SD(slowD)」の2つのラインを利用します。

実はストキャスティクスで利用する「%K」は、

相場の動きに素早く反応しますが

ダマシも多いという欠点があります。

そのため「%D」と「Slow%D」の、2つのみ利用、

するといったスローストキャスティクスという方法がありま

す。


スローストキャスティクス
感応度を抑えている
ことからダマシの確率を低くすることができます

初心者の場合、ストキャスティクスだと、

売買ポイントが探せないといった人が多いようです。

スローストキャスティクス

売買ポイントは0~30%が「買いサイン」、

70~100%が「売りサイン」と判断できます。


このように、メリットが多いようにみられる
スローストキャスティクスですが、
もちろんデメリットも存在します。

実は強いトレンド発生時には役に立ちません

強いトレンドが発生しているときは、
他の指標も見て

判断材料を増やす必要がある、といった点を、注意して

使用することをお勧めします。

 



a:64 t:1 y:0

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional