FXは誰でも稼ぐことができる。 その可能性を誰でも秘めています。 このサイトで、あなたの可能性を開花させてください。

FXプラス.jp~何をやっても利益を得られない人のためのサイト~

テクニカル指標の種類と見方

テクニカル指標の種類と見方

テクニカルチャートには2種類あります。

チャート分析に欠かせないのがテクニカル指標です。
分析精度の向上のために使用します。

相場のトレンドや株価の急騰分析には必要です。

その分析に利用するのが
レンド系チャートとオシレーター系チャートの2つです。




トレンド系チャートとは
相場の上昇、下降の傾向を予測する場合に利用します。
代表的なものに
ローソク足チャート、移動平均線、一目均衡表DMIなどがあります。

ローソク足チャートとは
値動きを時系列に沿って図表としてあらわす手法です。

移動平均線一定期間の価格の平均をグラフにしたものです。

一目均衡表は時間に重点をおいたグラフ
ひと目見てわかるグラフになります。

DMIは方向性指標トレンドの強さ、大きさを測るものです。

オシレーター系チャートとは
定められた計算を行い相場の売買をみるチャートです。

代表的なものにポリジャーバンド、RSI
ストキャスティクス、MACD、サイコロジカルラインなど
があります。

チャート分析をするための指標
そのほかにもたくさん存在します。




a:50 t:1 y:0

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional