FXは誰でも稼ぐことができる。 超庶民だって、勝ち上がれる。 諦められない夢をかなえるためのお手伝いをさせてください。

FXプラス.jp~超庶民が勝ち上がるためのサポートサイト~

KY

KY

本日のテーマは”KY”です。

”KY”って最近あまり聞かなくなりましたが、

空気が読めないっていう意味でつかわれていましたね。

要するに、場違いな言動をとってしまうということ。

空気というのは、その場の雰囲気、話の流れ。

それに対して、合致しないことをしてしまう


空気が読めていれば、その場にいる人に対して、

特に悪い印象を与えることも無く、

むしろ、好感を持たれることが多いんじゃないでしょうか。

逆に、空気が読めなければ

相手が悪い印象をもったり、その後、敬遠されることもあります。

つまりは、マイナスのイメージを与えてしまう


相場を見るときも、この空気が大事です。

明らかに下落相場で買いを入れればマイナスになるように、

その場面ごとに空気を読んだ行動をとらなければいけません

問題となるのは、何を持って空気を読むのかです。

知り合いと話しているときは、その会話のテーマや、

相手の話し方や表情から読み解いていきますよね。


それと同じように、チャートからも読み取れる要素があるわけです。

パターンであったり、ラインを引いたり、インディケーターだったり。

大事なのは、どの部分から一番空気を読みとれるのかを、

場面ごとに変えていくことです。

必ずしも話題が暗いから、相手も暗いわけではない。

明るい話題から、暗い過去を思い出すこともあるわけです。

ですので、場面によって、くみ取り方が変わるんです。

そこの部分をまとめておけば、

常に空気の読めるトレードが出来ると思います。

何が大事なのか、場面ごとに考えてみると、

多くのことが感じ取れていけますよ。

是非、実践してみてください。



a:59 t:1 y:0

コメント


認証コード3719

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional